FC2ブログ
書評 聖女の救済
2012年05月09日 (水) | 編集 |

昨日から続けて書評。
今日は、東野圭吾の比較的新しい作品『聖女の救済』

さすが! 東野圭吾という作品でした。
久しぶりに、ガリレオ先生が出てきます。
系列としては、容疑者Xの献身や、麒麟の翼に近いかなと。
ただ、やはり、前2作品に比べると、作品の評価は一つ落ちるのかなあ。
しかし、その、トリックは、ある意味、究極的で、すごい!
これは完全犯罪でしょう!
これ、最後の証拠を含めても、本当に有罪がかちとれるのかな?

また、読み終わってみれば、題名も納得!
さすが、東野圭吾。
聖女が救済されたのか? 聖女が救済したのか?
相変わらず、すらすらと読めるので、慣れた方なら数時間で読み切れるかと。
ちなみに、個人的には、こういう女性、好きなんですが……。


めるまが読者20,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数500本以上増加中!
アマチュア無線講座 これで初心者卒業です!

 


 

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック