FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【書評 64】
2013年01月29日 (火) | 編集 |
64読了。
最初から最後まで、読み始めたら止まらない。昨夜も寝よう寝ようと思いつつ、結局、深夜まで読み耽ってしまいました。
横山警察小説の集大成という感じ。

警察広報官の主人公の話。
警察の内部、というか、巨大組織というのは、きっとこういうものなんだろうなあ……と思うこと多数。
政治的かけひきのどろどろの中で、右往左往、浮き沈みする主人公。
自分の立場、立ち位置を見つけた辺り、感動しますね。
また、家庭内にも問題を抱えていまます。妻は、子どもは、そちらの行方も気になるところ。
そして、題名にもなった64事件。
どちらかというと、組織小説という感じで、推理・サスペンス的な部分では、解決しないのかな……と思っていたら、後半、一気にすべての伏線がつながり、おどろきの展開に。

まちがいなく、これは、ドラマか映画になりますね。謎多い無口で屈折した過去を持つ優秀なライバル、尊敬する上司の刑事、堕ちてしまった刑事、マスコミ関係者、妻、部下、もう、どれも魅力的な登場人物ばかり。
ただ、組織についての解説が熱く、全体の分量もあります。また、全体的に、暗いトーンが続くので、好みは分かれるかもしれません。
私が好きなタイプです。

読後感もよく、昨夜はぐっすり眠れました。
幸せ。


めるまが読者20,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数500本以上増加中!
アマチュア無線講座 これで初心者卒業です!

 


 

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。