FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【書評】アンパンマンの遺書
2013年12月27日 (金) | 編集 |
【書評】アンパンマンの遺書
sB6sZDrDHT6NE2D0lRqm_AA8fB7kUGFDWFYkPWUAIEk.jpg

アンパンマンファンの私としては、やっぱり、読まなきゃいかんだろう……ということで、衝動買い。読了。よい本でした。やなせたかしさんらしいなあ~。ひょうひょうとしてて……。

正直なところ、私は、アンパンマンで育ったわけではないんです。
あとから、やなせたかしさんの『正義論』=『ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そしてそのためにかならず自分も深く傷つくものです』を聞いて、アンパンマンが好きになりました。だから、アンパンマンは、自分が弱くなるとしても、、自分の顔を被害者にあげちゃうんですよね。

正義についての記載を少し。やなせたかしさんの27歳の時。
----------------------------------------------------------------
子供の頃から忠君愛国の思想で育てられ、天皇は神で、日本の戦争は聖戦で、正義の戦いと言われればそのとおりだと思っていた。正義のために戦うのだから命をすてるのも仕方がないと思った。
しかし、正義のための戦いなんてどこにもないのだ。
正義は或る日突然逆転する。
正義は信じがたい。
ぼくは骨身に徹してこのことを知った。これが戦後のぼくの思想の基本になる。
逆転しない正義とは献身と愛だ。それも決して大げさなことではなく、眼の前で餓死しそうな人がいるとすれば、その人に一片のパンを与えること。これがアンパンマンの原点になるのだが、まだ、アンパンマンは影も形もない。
----------------------------------------------------------------

向田邦子や、手塚治虫、永六輔、宮城まり子などなど、様々な方と交流があったんですねえ。
戦中派の作者の自伝的作品です。

様々な仕事をしています。
兵隊の後、新聞記者、デパート勤め、私人、4コマ漫画、手塚プロダクションで長編アニメ制作、作詞作曲、舞台関係、雑誌編集長などなど。長い長い下積みがあり、そして、アンパンマンが生まれます。
あー、人生、何でも無駄じゃないんだなあ。目の前のこと、全てに全力で取り組むと、いつかそれらがミックスされて、実を結ぶんだろうな……。くさらず、何でも頑張らないとダメですね。

本書を読んで、本当にお疲れ様でした……と改めて言いたいですね。
本書を読めば、アンパンマンがますます好きになること、間違いなしです。


めるまが読者20,000人突破!めーるおーむ
希望商品のレビューを探せ!総数500本以上増加中!
アマチュア無線講座 これで初心者卒業です!

 


 

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。